STAFF BLOG

スタッフブログ

2020.05.17

新型コロナウイルス感染症対策のガイドライン

令和2年5月16日

新型コロナウイルス感染症対策のガイドライン

このガイドラインは、長野県における緊急事態措置の解除(5月14日)を受け、結婚式に参列されるお客様及び全てのスタッフをコロナウイルス感染のリスクから守るとの覚悟をもって、「新しい生活様式(厚労省https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_newlifestyle.html)」に基づいて冠婚葬祭業界から発せられたガイドライン(公益社団法人日本ブライダル文化振興協会および一般社団法人全日本冠婚葬祭互助協会https://www.bia.or.jp/guidelines/)に従い、「新しいフェリスクレールの結婚式のカタチ」をお客様と共に創り上げてゆくための指針です。尚、本ガイドラインは状況を注視しながら随時見直してまいります。

1.フェリスクレールの感染リスクポイント

フェリスクレールの結婚式は一組様貸切で、ご列席者が予め特定され、ご利用時間が限定されております。その上で当施設における主な感染リスク経路について人の動線を考慮しながらまとめてみました。

【接触感染】

玄関:ドアノブ・テーブル

リビングルーム・控室:テーブル・椅子・カーテン・エレベーターのボタン・トイレ・水栓

パーティールーム:ドアノブ・テーブル・椅子・バーカウンター・パーテーションドア

バックヤード:ドアノブ・水栓・食器・グラス・シルバー類・照明等スイッチ・冷蔵庫調理機器把手・調理器具・布巾・ダスター

【飛沫感染】

パブリックスペース:ご列席者混雑時のヒューマンディスタンス

パーティールーム:入場・退場時の行列、空気の滞留、隣席との距離、余興での大声等

 

2.フェリスクレールの感染防止対策

【日常の対策】

①フェリスクレールは閑静な住宅街にあり、一組完全貸切型で、広い中庭を備え披露宴会場を開放しやすいなど「三密」になりにくい施設ではありますが、挙式会場・披露宴会場は日常から換気を行います。

②新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく感染拡大防止策を徹底します。

③パートナー企業も含め、全てのスタッフに対し、基本的な感染症対策「感染源を絶つ」「感染経路を絶つ」「抵抗力を高める」について徹底します。

④新型コロナウイルス感染症陽性とされた方との濃厚接触がある場合、同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる場合、過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航並びに当該在住者との濃厚接触がある場合、発熱や風邪の症状のある場合には、参列はご遠慮いただくよう事前にご案内します。

⑤ウイルスに効果が高いとされる『次亜塩素酸もしくはアルコール』を入れたスプレーを使用し、トイレ、更衣室、扉、ドアノブ、手すり等について、定期的な清掃を実施しています。

⑥館内各所に「オゾン発生器」を設備し定期稼働させています。設置場所は玄関ロビー、披露宴会場、各トイレおよびキッチンの天井です。

⑦キッチンにはオゾン水生成器が設備され、主として食材の洗浄に使用しており、抗菌、抗ウイルス、防虫に効果を発揮しています。

⑧ご列席者の来場時間や交通手段等を予め把握し、感染防止のため参列者が密にならないようスタッフが誘導します。

 

【お客様にお願いする衛生対策】

①ご来場時、エントランス、ロビー、控室、式場等においては、常にマスクの着用をお願いします。

②エントランス、ロビー、挙式場、披露宴会場の入口および各トイレにアルコール消毒液をご用意しています。出入の都度手指消毒にご協力ください。

②各トイレには薬用ハンドソープを常備していますので、手洗いをお願いします。

③鼻水、唾液などのごみはビニール袋に入れて密閉して縛るようにします。

④ご来館中に体調が悪化したり、ご気分が優れなくなった場合、お近くのスタッフまでお申し出ください。(発熱があった場合、医療機関へ連絡を取り指示をいただきます。)

⑤お客様のお席のおしぼりは「紙おしぼり」とします。

 

【スタッフ自身または今後にわたる健康管理】

①スタッフには入館の際、30秒間の手洗い・うがいルールの徹底を行っています。

②出勤時には健康問診と検温を実施致していす。(発熱の場合勤務させず医療機関の指示を仰ぎます)

③スタッフはこまめに手洗い、うがい、アルコール除菌を実施しています。

④スタッフにはマスク着用を義務付けています。

③スタッフの県外出張を禁止しています

④ゴミを回収するスタッフには手袋を着用させます。

⑤マスクや手袋を脱いだ後は必ず石鹸と流水で手を洗います。

⑥清掃にあたっては、界面活性剤含有の洗剤や漂白剤を用いて清掃します。不特定多数が触れる可能性のある個所については始業前には清拭消毒します。

 

【チャペルでの配慮】

①入退場時はヒューマンディスタンスに配慮し、手指消毒をしていただきます。

②通常4人掛けの長椅子は3人以下でご利用いただきます。

 

【パーティールームでの配慮】

①パーティールーム(230㎡)では飛沫感染を防ぐべくお席の間隔を空けます。(例えば通常7名様の円卓は5名様以下にするなど、お客様のご関係にご配慮いただき十分協議の上配席願います)

②テーブル、椅子等は披露宴開始前に清拭消毒をします。

③迎賓、送賓を行う場合は、人が密集しないよう、係員による誘導を行います。

④披露宴会場等ドアの開閉は原則としてスタッフが手袋を着用のうえ行います。

 

【お料理提供時の配慮】

①食器類はあらかじめ消毒します。

②お料理は個人盛りとし、ブッフェ形式はできる限り避け、これに代わる演出をご提案します。その場面においては手袋を着用したスタッフが取り分けます。

③ブッフェ等における調理スタッフ及び料理取り分けサービススタッフは、常時衛生手袋を着用します

④お酌やグラスやお猪口の回し飲みはお控えいただきます。

 

【サービススタッフの対策】

①会場への入退出の度に消毒液での手指消毒を行っております。

②全サービススタッフは30分ごとに手洗いを実施しております。

③スタッフは全員マスクを着用させていただきます。

④ユニフォームについては、こまめに消毒・洗濯し、清潔を保ちます。

 

【余興・演出・写真撮影の場面への配慮】

①余興を行う際は、列席者と十分な間隔を保てるよう配慮いただきます。

②余興での大声等は控えていただきます。

③マイクは使用の都度消毒又は差し替えをします。

④集合写真の撮影場面では直前までマスクをしていただき、会話はお控えいただきます。

⑤スナップ撮影の場面では密集に配慮しながら、より楽しい演出を提案いたします。

 

【ウェイティングルーム】

①テーブル、ソファー、ドアノブ、エレベーターのボタン、カーテン等は定期的に清拭消毒します。

②控室では、参列者が密になることのないようレイアウトし、マスクを着用していただきます。

 

【トイレ】

①便器内は通常の清掃で良いようですが、ドアノブ、水栓、手洗いシンク等は、定期的に清拭消毒します。

②汚物を流す際は、トイレの蓋を閉めていただけるよう表示します。

③ペーパータオルと薬用せっけん・手指消毒薬を常備します。

 

【バックヤード】

①一度に休憩する人数を減らし、対面で食事や会話をしないようにします。

②休憩スペースは常時換気に努めます。

③共有する物品(テーブル・椅子等)は定期的に消毒します。

④休憩スペースを使用する場合は、入退室の前後に手洗い、手指消毒を義務付けます。

 

【美容スタッフの対応】

①ヘアメイク及び着付けを施術する際はお客様と至近距離になるためフェイスシールドを着用致します。

②リップブラシは、お客様に塗布してから改めて口紅にブラシを戻さず、お客様ごとに洗浄・消毒を実施しています。

③目元に使用する道具も、お客様ごとに洗浄・消毒を実施します。

④洗浄が困難なリキッドアイライナー等は、お客様ごとに、エタノールを染み込ませたティッシュペーパーを用いて拭き取り消毒を行っています。

⑤メイクアップで使用する道具類、ヘアセットで使用する道具類も施術道具はお客様ごとに交換または消毒作業を行います。

⑥なお、美容スタッフが実施している消毒方法は、衛生法規及び保健所からの指導に則ります。

 

【打ち合わせ】

①お客様の環境を確認しながら、オンラインでの打ち合わせが可能な環境を整えます。

②新規接客においても、ご希望される方にはオンライン接客も推奨してまいります。

③フェア等イベント開催にあたっては、予め混雑しない様、日程、時間、人数を調整します。

 

【その他】

①高齢者や持病のある方については、感染した場合の重症化リスクが高いことから、主催者とその対応について十分協議の上受け入れます。(換気の効くモニター付き個室もご用意できます)

②万が一感染が発生した場合に備え、個人情報の取扱いには十分注意しながら列席者名簿を管理します。

 

このガイドラインは、パートナー企業、納入事業者等にも説明し、準拠を求めます。また、営業再開にあたっては新郎新婦に事前に十分な説明を行い、理解を求めたうえで結婚式を実施することとします。

以上

 

株式会社  フェリス

代表取締役 古屋 了

【お問い合わせ】

フェリスクレール : 0263-59-7120

一覧はこちら